マインドフルネス


マインドフルネスとは、今この瞬間に意識を集中し、評価や判断をしない心のあり方。

仏教の禅をルーツとする心身療法。

過去や未来にさ迷いやすい心を「今ここ」にとどめ、自分の身体や呼吸を観察する。

それにより、心の平安が得られ穏やかに自分らしい毎日が送れるようになる。

「マインドフルネス」発祥地アメリカの心理学会ではストレス対策の柱として推奨され、企業や学校、刑務所などでも取り入れられている。

不安、うつ、苦痛などを抱える方がマインドフルネス瞑想を続けると、脳内の情動回路(前頭前皮質と扁桃体、その間の島)の機能が活性化するため、これらの症状が和らぎ心は安定する。

 

参考図書:「マインドフルネス ストレス軽減法」J.カバットジン著(北大路書房)

     「知識ゼロからのマインドフルネス」長谷川洋介・貝谷明日香著(幻冬舎)

     「マインドフルネス そしてACTへ」熊野宏明著(星和書店)