ラージャ・ヨーガ(ラジャ・ヨガ)


 

 


「ラージャ」は「王」という意味で、「ラージャヨーガ」は「王のヨーガ」「ヨーガの王道」などと言われています。

 

瞑想(心理的操作)を中心として解脱に到ろうとするヨーガです。

 

経典『ヨーガスートラ』には「ヨーガとは心の働きを止滅することである」と書かれています。

 

それは心の波立ちをコントロールすること。

 

絶えざる訓練と離欲(無執着)によって心の波を抑制してゆこうとします。

 

私たちの心には、揺れ動く感情や欲望、執着心など、色々な波が浮かんでは消えます。

 

その波の一つ一つ、乱れた心は、自分の一部ではあるけれど、自分の本質ではありません。

 

波が静まった時、自分の本質にようやく気づけるのです。

 

 

 

湖の底にある美しいダイヤモンドの例え話があります。

 

湖は心を、ダイヤモンドは本来の自分=「自己」を表します。

 

湖水が濁っていたり、湖面が波立っていたりすれば、底にあるダイヤモンドの輝きに気づくことはできません。

 

水を浄化し波を静めることでダイヤモンドの輝き=内なる「自己」に気づいてゆく。

 

それがラージャヨーガの方向性です。

 

そのような道を先達が築いて下さっています。

 

自分自身を見つめセルフコントロールをして、平和に幸せに生きるための方法です。