人間五蔵説


ヨガでは、人間はただ単に肉体的な存在ではなくて、五つの次元の違う鞘を持っているホリスティックな存在であるととらえています。

五つの鞘とは

1、食物鞘…肉体次元

2、生気鞘…プラーナ、エネルギーの次元

3、意志鞘…感情や知覚、記憶など心の機能の働きを担う

4、理知鞘…判断能力、識別能力。

5、歓喜鞘…魂の次元。完全なる調和状態で、ストレスからの影響を受けない。

 

ヨーガ療法の立場では、病気の原因は4.理知鞘の認知の誤りからくる 3.意志鞘の乱れにあると考えています 。

認知の誤りが感情の乱れを引き起こし、生気鞘である気の流れ、エネルギーの流れを乱す。この不調和が食物鞘(肉体面)にしみ込み、ストレス関連の不快症状や疾患が発生するととらえています。

 

ですから、症状の改善には、以下の3つの要素が大切です。

1、肉体のすべての筋肉をリラックスさせる

2.呼吸の速度を遅くさせる

3.心の働きを静める(感情の暴走を静める) 

からだとエネルギーとこころはいずれも切り離せないものです。